オランダ時代 台湾の歴史

先占の法理 オランダが先占であり中国ではない

台湾は台湾人のもの

結局台湾は、中国大陸の蛮行に拒絶反応を起こしており、本来台湾は台湾のものでなければならない。また、無主地は最初に支配したものの領土になる国際法上の「先占の法理」という観点からしても、先占者はオランダだ。台湾は中国のものではない。「一つの中国」というフレーズに、歴史的な正当性も、法的な根拠も全くない。そろそろ国際社会は、中国の台湾に対する領土的野心を諦めさせるべきではないだろうか。

 

-オランダ時代, 台湾の歴史
-, , , ,

© 2021 旅先羅針盤