OsamuMabu

2022/10/1

【注意】フィリピンでのフィリピーナの恋愛

フィリピンの若者が恋をするとき、フィリピン男のアタックは強烈で女心をとろけさせる。とくに10代となると、身体の関係を結びたい一心で身も心も捧げる。フィリピン女性は、こんなに愛してくれるならと女はなけなしの体を与えてしまうのだが、それが悲劇のもととなる。 フィリピンでは避妊(避妊具は高価で買えない面もある)を嫌い、宗教上堕胎は殺人ですから、恋=セックス=妊娠=出産となる。妊娠になると生涯の愛を誓ったつもりのフィリピン男性は掌を返したように逃げてしまうことも少なくない。子どもを生み育てる使命を神から授かった女 ...

2022/9/29

台湾産 完熟パイナップル 通販 送料

中国から難癖をつけられた台湾 パイナップル、東日本大震災でいの一番に義援金に頂いた台湾、その台湾の農家を救いましょう!金鑚鳳梨 糖度18度ととても甘く完熟 台湾産 パイナップル (金鑚鳳梨)です。私の2013年から3年半台北に駐在しましたので、芯まで食べられる、その完熟度は分かっています。アマゾンでも楽天市場でも買えます。

2020/12/6

昨今 フィリピン人の愛情と結婚

フィリピーナの恋愛 恋愛を成就させるための努力は楽しくて何の苦もありませんが、恋が破綻して手仕舞いするときは大きな苦痛と痛手がともなうのはどこでも、いつの時代でも同じです。フィリピンでは若者が恋をするとき、男性からのアタックは強烈で女心をとろけさせていきます。とくに10代となると女性と一晩過ごしたい一心で身も心も捧げる。こんなに愛してくれるならと体を許してしまいますが、それが悲劇のもととなります。フィリピンでは避妊を嫌いますし、高価な避妊具を購入することもできず、妊娠します結果、恋=妊娠=出産となります。 ...

2020/12/6

フィリピンと日本人とのフィリピンパブの歴史

日本とフィリピンとの関係 日本とフィリピンとのこういった関係が生まれたのは、1960年代貧しい国であったフィリピンから、憧れの先進国である日本へ出稼ぎしたいフィリピーナは大勢いました。しかし、観光ビザがなかなか取得できないため、当時は「興行ビザ」と呼ばれる”エンターテイナー向け”の6ヶ月ビザで日本へ入国していたのです。「エンターテイナー」と聞くと歌やダンスなどの芸術的な目的を思い浮かべるかもしれませんが、実際に彼女たちがやっていたのは飲食店で日本人客とおしゃべりしたりカラオケしたりすることでフィリピンパブ ...

2020/12/5

【フィリピンパブ】フィリピン女性の脈アリのサイン

嘘まみれにも見えるフィリピーナですが、あなたに本気かどうかは実はかなり分かりやすく態度に現れます。 他の約束を後回しにする フィリピン人女性にとって恋愛は何よりも大事なもの。たとえ友人との先約があっても、大好きな彼氏のためなら平気でデートを優先して友達の方を断ります。 感情的になる フィリピーナがあなたを単なる「お客」としか思っていない場合、彼女たちは感情的にはなりません、又本来は自己主張が激しいはずなのにどこかおとなしく優しくなります。ちょっとしおらしい態度に胸キュンしちゃう日本男性が非常に多いのですが ...

2020/11/1

フィリピン人との結婚と手続き

もっとも注意すべきトラブル フィリピン人の夫・愛人、子どもの存在があります。フィリピンは世界で唯一、離婚という制度が存在しない国です。しかしさまざまな条件をクリアすることで、離婚に準ずる手続きを踏んで独身になることが可能です。しかしこれにはたいへんな労力のかかる手続きが必要で、さらにお金もかかります。そうした余力がない層に重婚が増えるのも当たり前です。日本の配偶者に隠して現地にフィリピン人の配偶者や子どもがいたりすることも少なくありません。 フィリピン女性の既婚率 世界的に見ても、20代30代の女性が独身 ...

2020/11/4

フィリピン人との国際結婚

フィリピンでは家族との絆が大切 フィリピン人はとても家族を大切にする文化があります。休日等の時間がある時は家族で時間を過ごすことを大事としています。フィリピン人の方と結婚された方は日曜日は家族で教会に行き、その後親戚で集まりホームパーティーをして過ごします。これが一番パートナーを喜ばせてあげる方法の一つです。フィリピン人との結婚リスク回避 フィリピン人は早婚 日本人とは異なりフィリピン人は10代や20代前半で結婚し子供を生むというケースは多くあります。結婚した後に実は子持ちだったという事はよくある話だそう ...

2020/11/1

フィリピン女性 との出会い

フィリピン女性へは優し接してアピール フィリピン人とはどうすれば仲良くなれるのでしょうか?また、どうやって出会えば良いのでしょうか?フィリピン人は日本で働いていることも多いので、職場で出会える人は、ぜひ優しく接してアピールしてみてください。フィリピン女性は、見た目よりも性格を重視します。優しさや思いやりを見せることで、十分なアピールとなるでしょう。もしも職場や身の周りにフィリピン人がいないけれど、どうしても出会いたいという場合は、フィリピンパブに出かけましょう。ただしあくまでもお客さんとして行くので、仲良 ...

2020/10/26

フィリピン女性の結婚観

フィリピンの女性は、結婚生活や家庭をとても大切にします、又家事が得意であることが多く、日常生活はとても助けてくれるでしょう。付き合っていた当時の愛情をいつまでも注いで欲しいと考えています。そのため、結婚しても恋人同士の頃を忘れないように、家庭を築くことが大切と言えます。 性欲旺盛で夜の関係は毎日必要というフィリピン女性もいます。日本人以上にエッチが好きなため、自分から体の関係を求める事も多い傾向があります。激しく情熱な関係が好きなので、関係に満足できない場合は別れに直結する場合もある事を肝に銘じてください ...

no image

2020/10/26

フィリピン人の恋愛考え

フィリピン女性との結婚リスク回避 フィリピン人は、愛情深い国民性であることはよく知られています、又相思相愛で結婚することは、一部の宗教的な背景のある地域を除いて自由です。しかし、エンターテイナーとしてフィリピンパブで働く人々は、総じて非常に貧しく、高水準の教育を受けていないことがほとんどです。教育は、その人のマナーや常識、立ち振る舞いに大きく影響します、又フィリピン人の常識は、日本人の常識とは大きな隔たりがあるのも真実です。その中で最もはっきりしている事象は、日本とフィリピンでの賃金には大きな格差です、だ ...

2020/10/26

フィリピン人の好きだを日本人が誤解する

フィリピン女性との結婚リスク回避 フィリピンパブにいるフィリピン人女性が日本人を大好きだと思うのは大間違いです。 フィリピンという国は家族をたいへん大切にし、とくに年寄りや子どもを大切にするというよき文化を持っている。フィリピン人はまたたいへん情熱的であり、ホスピタリティにあふれ、愛情深いとも言われている。I Love You, 「あなたのことが大好き」I miss You「あなたに会いたい」と言われて舞い上がる男性諸兄も多いようだが、フィリピンに詳しい人から言わせれば、フィリピン人が家族以上に、フィリピ ...

2020/9/13

ルソン島北部

フィリピン・ルソン島北部の南シナ海に面するビガン歴史地区は、16世紀後半にスペインに征服され植民地として発展した港町。商業、貿易の交易拠点として栄えた街は、フィリピンや中国の建築様式にスペインやラテンアメリカなどの影響を受けた建物が建ち並び、美しい風景を作り出しています。第2次世界大戦でフィリピンの古い街並みの多くが戦火に巻き込まれ消失した中で、唯一生き残ったビガン歴史地区を訪ねてみます。ルソン島北部の街ビガン(Vigan)は、フィリピンの首都マニラから北へ約400キロメートル、またはのルソン島北西端にあ ...

2020/4/25

ビーチでの遊びだけではない

クリスタル色に輝く海と海底に広がる神秘的な世界が待っています。経験豊富なダイビングインストラクターがたくさん、経験がない人も大丈夫、ダイビングをサポートしてくれます。又ダイビングのように重い機材・タンクを使う必要のないヘルメットを装着して2~3メートル潜る気軽なスタイルの「ヘルメットダイビング(シーウォーク)」と呼ばれるものもあります。 パラセイリングで空から眺める海は絶景、又夕暮れ時のパラセイリンが至福な時間です。海に反射する夕陽を見ながらの空中散歩、カメラでの空からの空中撮影にもお薦め。 大きなカイト ...

2020/4/11

どこ?ボラカイ島

西ビサヤ地方のアクラン州・マライに属するボラカイ島は、2012年に旅行雑誌に掲載されてから人気になりましたが、2018年ビーチが不届きな旅行者によって汚してしまい、閉鎖されてしまいました、島は、フィリピン中央のシブヤン海、島の長さは7.5km、幅は最も狭い場所で2kmしかありません。集落(ランガイ)はヤパック(Yapak)、バラバグ(Balabag)、マノック・マノック(Manoc-Manoc)三つ集落。観光地ホワイト・ビーチは、バラバグ地域にあります。ホワイト・ビーチ入り口にあるコンビニエンスストアBu ...

2020/11/30

ボラカイ島の夜遊び

夕方からバーで過ごす。 「イギジット・バー」S2(ステーション2)は、華麗なDJが堪能できるオシャレなバー、ストリートスタイルを基調とした音楽が自慢です。 日本人にはあまり馴染みがありませんが、外国人や現地の人々が立ち寄るスポットで知られており週末は多く人々で賑わっています。 「エピック ボラカイ」S2 Dモールのビーチ沿いに位置し、踊り場が広く店構えや雰囲気が良い、ドリンク、食事メニューも豊富です。ハッピーアワーが長く、赤いラベルのサンミゲルビール:90フィリッピンペソ、ラム・コーク:105フィリッピン ...