ダイビング

2021/4/3

台湾 ダイビングスポット 小琉球

小琉球(シャオリュウチュウ) サンゴ礁が隆起してできた島・小琉球は台湾でも人気のリゾート島。 海岸線の長さ12kmほどの小さな島ですが、見どころは満載。緑豊かで海がきれいなだけでなく、美味しい台湾名物グルメも楽しめます。小琉球でのダイビングの魅力は何と言っても豊富な生物相と、ウミガメの多さでしょう。ウミガメの遭遇率はほぼ100%と言われており、見られないことのほうが珍しいのだとか。ウミガメ好きにとっては外せないスポットでしょう。小琉球の年間平均温度は約25度で、冬でも水温が比較的高く、冬場のダイビングスポ ...

2021/4/3

台湾 ダイビングスポット 蘭嶼

蘭嶼(ランユ) 台湾の東南部に位置する蘭嶼は、常時30m以上の透明度をキープする台湾№1の透明度を誇るエリア。 黒潮の恵みを受けた海には、ウミガメやクマノミなど、さまざまな生き物が生息しています。 蘭嶼には、農業と漁業を中心としている台湾原住民タオ族が住んでおり、独特の文化とのんびりした雰囲気が楽しめます。 手つかずの自然が残るこの島では、ところどころでヤギが出没することも。 星空がきれいなことでも有名で、天体観測にもピッタリです。 空、陸、そして水中にも絶景が広がっているマスト・ゴーの離島です。 <スポ ...

2021/4/3

台湾 ダイビングスポット 緑島

緑島(リウダオ) 台湾の東部に位置する緑島は、1年を通してダイバーで賑わう大人気エリア。 年間平均水温は25~28度ほどで、冬でも20度ほどの暖かさ。平均透明度は25~30mと素晴らしく、魚影の濃さ、アクセスの良さも魅力です。よく見られるのは、ヤシガニ、バットフィッシュ、マダラトビエイで、シャークポイントもあります。毎年春には、ハンマーヘッドシャークの群れが通る光景も圧巻。ユーラシア大陸と南洋群島の生物区系が交差するエリアにあり、独特の生態系が見られるでしょう。 <スポット> 大香菇-直訳すると「大きなシ ...

2019/9/9

台湾でダイビング (8)

墾丁(ケンティン) すでに紹介いたしましたが、一寸纏めてみます。 台湾最南端に位置する墾丁は、台湾が誇るダイビング・パラダイス。 まさに日本の沖縄にあたるエリアです。黒潮の恵みを受けた海の中は、カラフルで豊富な魚たちがいっぱい。墾丁の海には、約1100種の海洋生物と約80種のサンゴが生息しています。熱帯魚、イソギンチャク、クマノミ、ウミガメ、バラクーダなどもよく見られ、運が良ければメカジキ、ザトウクジラに遇えるかもしれません。年間平均気温20度以上の墾丁では、1年を通してダイビングが楽しめます。透明度5~ ...

2019/9/9

台湾でダイビング (7)

<おススメなダイビングスポット> 台北などは高層ビルの林立する大都市ですが、そこから少し足を伸ばして行くことができる龍洞でこんな素敵な景色を見ることができる驚きがあります。龍洞の周辺の観光地としては赤いランタンの坂道で有名な九份や、猫だらけで有名な駅、猴硐などもあり、ダイビング後の観光にも事欠かないのも嬉しいところです。

2020/1/1

台湾でダイビング (6)

<ダイビングライセンスと利用料金について> PADIというダイビング指導団体のオープンウォーターという資格(超初級)を持っていれば、ライセンスの提示で、お店からインストラクターさんを紹介してもらうパターンと、プロ資格を持った友人に引率をしてもらうパターンの二通りとも利用したことがあります。料金としては、インストラクターさんに引率してもらった場合は機材レンタル代込みで1,500元(日本円で5,440円程度)でした。ただライセンスを持っていない場合は、機材レンタル代込2,000元(日本円で7,250円程度)で ...

2019/9/9

台湾でダイビング (5)

<機材のレンタル方法> ダイビング指導団体によってライセンスの名称が異なりますが、プロに相当するダイビングライセンスを持っている人はこちらで直接機材をレンタルし、自分でダイビングすることができます。ライセンスを忘れずに持っていくようにしてください。またライセンスがない人でも、お店からインストラクターを紹介してもらい、後ろから支えてもらう形で水中遊泳を楽しむことができます。なお、ライセンスがなく体験ダイビングをしたいという人は、2日前までに電話ないしメールでの予約が必要です。ホームページに連絡さきがあります ...

2019/9/9

台湾でダイビング (4)

<ダイビングスポット「龍洞(ロントン)」> 龍洞の場所と行き方について 龍洞は台湾の北部、新北市の北東側に位置しています。日本人にも人気の観光地、九份から更に東の方へ行ったところといった方がイメージしやすいでしょう。そうした立地から、台北からは九份と同じく、車、1時間ほどで行くことができます。台北駅からバスや電車を利用して行くことも可能です。 龍洞のバス停 國光バスの1811、1812番のバスに乗るか、台湾鉄道で瑞芳火車站まで行き、そこから台灣好行というバスの黄金福龍線(瑞芳往福龍路線)に乗り、龍洞灣公園 ...

2019/9/9

台湾でダイビング (3)

<ダイビングポイント墾丁(ケンティン)というエリア> 陸からエントリーするビーチダイビング。元サンゴ礁の岩を切り開いて、エントリー口が設えてある。泳ぎ始めて、まだ5分と程度で、水深は10mまで潜っていきます。いきなり、タイワンカマスの群れに遭遇できます。流れも無いし浅いし、でストレス無くのんびりと楽しめるポントです。台湾ウミウシは、綺麗なコーラルカラーです。海の中は、サンゴ、ソフトコーラルが多いのに驚かされるとおもいます。エントリー直後。足が立ちそうなくらい浅い場所で、廻りをぐるぐると泳ぐロウニンアジに出 ...

2019/9/9

台湾でダイビング (2)

<台湾インフォメーション> 国名は中華民国(通称:台湾) 、首都は台北(タイペイ)です。台湾での公用語は北京語ですが、台湾語も話されています。観光地では日本語・英語も通じることが多く、迷ったら漢字で示すと大体伝わります。通貨は台湾ドル、時差は、日本時間+1時間(日本より1時間遅い)、両替は「台北 松山空港ソンシャンジーチャン」、「新竹 桃園国際空港タウエンジーチャン」「高雄 国際空港カウシュンジーチャン」で可能です。因みにジーチャンは、空港の事で北京語では「機場」と書きます。日本よりレートが(20%程度違 ...

2019/12/30

台湾でダイビング (1)

<ダイビングスポット台湾> 旅行先としては有名な台湾。しかし、海はほとんど知られておらず、ダイビングツアーとしての台湾はまだ知名度が低いエリアです。 ダイブナビが2019年より台湾のダイブツアーの取り扱いを開始。台湾の魅力を紹介していきたいと思います。台湾は八重山諸島の南、与那国のすぐ先にある島国。海中で見られる生物は沖縄+フィリピンといった感じですが、その存在はダイバーの意識を変えるに十分なポテンシャルを有しています。 これからどんどん生物も見つかってくることでしょう。ダイブエリアは南台湾の墾丁(ケイテ ...

© 2022 旅先羅針盤