ダイビング

台湾でダイビング (4)

<ダイビングスポット「龍洞(ロントン)」>

  • 龍洞の場所と行き方について

龍洞は台湾の北部、新北市の北東側に位置しています。日本人にも人気の観光地、九份から更に東の方へ行ったところといった方がイメージしやすいでしょう。そうした立地から、台北からは九份と同じく、車、1時間ほどで行くことができます。台北駅からバスや電車を利用して行くことも可能です。

  • 龍洞のバス停

國光バスの1811、1812番のバスに乗るか、台湾鉄道で瑞芳火車站まで行き、そこから台灣好行というバスの黄金福龍線(瑞芳往福龍路線)に乗り、龍洞灣公園站というところで降りましょう。

  • 水金九礦業遺跡

ちなみにこのバス停へつく前ですが、車で海沿いを車で走って行くと、龍洞灣公園の少し手前で「水金九礦業遺跡」という、かつてこの辺りが金の採掘地であった頃の面影を今に残す建物を見ることができます。山の中に突然現れる廃工場はなかなかに圧巻ですよ。

  • 龍洞灣公園バス停

工場跡地を過ぎてしばらく行くと、龍洞灣公園というバス停と、その右側に「東北角潜水客桟」というダイビングショップがあるところへ到着します。この一帯にはダイビングショップがたくさんありますが、龍洞に来るたび機材を借りるためお世話になっているのは、「東北角潜水客桟」ダイビングショップです。

  • 東北角潜水客桟

道路を渡ればもうそこは海で、この風景を見ただけでなかなかに心が踊ります。

-ダイビング
-, , , , ,

© 2021 旅先羅針盤