魅力の都市 台中

台中国家歌劇院

2019/7/27

台中の観光スポット (12)

<台中国家歌劇院> 日本の建築家・伊東豊雄氏が設計したオペラハウス・台中国家歌劇院は2016年に開館。外観は盃の形をしたコンクリートにガラスの壁面が印象的です。館内は梁や柱が1本もない洞窟のような空間が広がり「世界で最も建築が難しい建物」と言われます。完成に10年以上かかりました。また大きさの違うオペラ劇場が3つあり、褐色で彩られる「大劇院」では大型の歌劇や音楽会などが楽しめます。

2019/7/8

台中の観光スポット (11)

<ご当地B級グルメ有名店「台中肉圓(タイヂョンロウユエン)」> さて、最後にご当地B級グルメの有名店をご紹介します。現地の方はもちろん、台湾の方も台中観光の際には訪れ、お昼時には常に満席なこのお店。驚くことにメニューは肉圓とスープ2種の合計三種類しかありません。それだけこだわりと自信がある証拠ですね。この肉圓は千と千尋の神隠しで千尋のお父さんが食べていた料理のモデルになったと囁かれている料理。味も間違いありません。

2019/7/8

台中の観光スポット (10)

<歴史ある媽祖廟「大甲區瀾宮(ダアジャーチューランゴン)」> 大甲區瀾宮は台湾で最も知名度の高い200年以上の歴史がある媽祖廟です。媽祖は航海・漁業の守護神として、中国沿海部を中心に信仰を集める道教の女神のこと。この廟周辺の町は清の時代から物資の輸入基地として栄えてきました。また、漁業で生計を立てている庶民にとっては最も大切な守り神というわけですね。毎年旧暦三月に行われる媽祖巡行や台中三宝でも有名な媽祖廟でその煌びやかさを目にしてみてはいかがですか?

2019/7/8

台中の観光スポット (9)

<台中の巨大夜市「逢甲夜市(フォンジャーイエシ―)」> 台中で最も有名な夜市と言えば逢甲夜市です。逢甲大學周辺に広がり、台北では見られないオリジナルグルメが沢山!プチプライスなファッショングッズや小物なども揃い、まさに若者向けの夜市と言っても良いでしょう。物珍しさにあちこちに立ち寄りたくなるため、気づいたら何時間も経っていることも。交通の便は良いとは言えませんがタクシーを使えば大丈夫ですよ。B級グルメと掘り出し物に出会いに訪れてみてはいかがですか。

2019/7/8

台中の観光スポット (8)

<タピオカミルクティー発祥の店「春水堂(チュンスイタン)」> 今や台湾の代名詞と言っても良いほど国内外問わず人気のタピオカミルクティー。その発明店がこちら、春水堂です。全国に展開していますが本店は台中にあるんですよ。茶葉の香り高さとこだわりのタピオカのコラボレーションは他店とは比べものにならないほどに素晴らしいです。また、春水堂はお食事メニューも充実。新鮮さにこだわっている数々のメニューの中でも麺類は群を抜くおいしさです。台湾に来たなら是非訪れてほしいお店のひとつです。

2019/7/8

台中の観光スポット (7)

<街中のオアシス「無為草堂(ウーウェイツァオタン)」> こちらはランチや本格的な台湾のお茶が楽しめる茶芸館。日本風と中華風の建築様式が見事に一体化している空間に心が落ち着きます。その雰囲気もさることながら、提供されるお料理やお茶はどれもこだわり抜かれたものばかり。心もお腹も満たされること間違いなしの街中のオアシスでのんびりと過ごしてみませんか?  

2019/7/8

台中の観光スポット (6)

<昔の面影が色濃く残る「鹿港(ルーガン)」> 清時代に交易の拠点として栄えた鹿港。あちこちに点在する歴史ある廟や寺院を巡ったり、赤レンガ造りの街並みを楽しんだり、牡蠣オムレツ発祥の店や肉まんの名店、他にも気になるグルメを食べ歩いたりと過ごし方は訪れる人によって様々です。味わいのあるカフェでほっと一息つくのも良いですね。日差しが強く暑いのが難点ですが、鹿港を満喫するなら一日かけてゆっくり過ごすのがお勧めです。

2019/7/8

台中の観光スポット (5)

<お土産はここで決まり!「宮原眼科(ゴンユエンイェンクー)」> 今人気沸騰中の台中の観光スポットと言えばここ、宮原眼科です。眼科とは名前にあるものの、スイーツやお茶が揃っているこちらのショップ。人気アイスクリームショップとして広く知られる宮原眼科ですが、お茶やお菓子など、お土産を買うのにもぴったりな場所です。お店に一歩足を踏み入れればそこにはお洒落でレトロな空間が広がります。原材料からパッケージ、紙袋にまでこだわったスイーツたちはどれもお土産にぴったりですよ。そして、ここを訪れるならやはりアイスは欠かせま ...

2019/7/8

台中の観光スポット (4)

<ポップな色使いが可愛い「彩虹眷村(ツァイホンジュエンツン)」> 彩虹眷村は台中きっての撮影スポット。カラフルで独創的な絵をバックに写真を撮ろうと、連日観光客で賑わっています。この絵を描いているのはここに住む黄じいさん。「退屈だったから」描き始めたという彼は、思いついたままに筆を運び、コンクリート造りの家に新しい命を吹き込んできました。運が良ければ、可愛い絵がふんだんに使われた小物が揃う出店や、写真を撮ってくれる全身カラフルなアイアンマンに出会えるかもしれませんよ。元気の出る色鮮やかな写真を撮りにレッツゴ ...

2019/7/8

台中の観光スポット (3)

<魅惑のレイクリゾート「日月潭(リーユエタン)」> 台湾で最も美しいと言われている湖、日月潭。その特徴は多彩に変化する美しい景色と言えるでしょう。早朝の霧との神秘的なコラボレーション、日中のエメラルドのような鮮やかな緑色、夕日に赤く染まる湖面、時間を追うごとに異なる表情を見せる湖は人々を魅了して止みません。そんな日月潭には数多くの観光スポットがあますが、中でもお勧めしたいのがロープウェーからの絶景です。澄んだ青空と、翡翠色の湖、周辺の山の力強い緑が一望するのに最適な場所はここ以外にありません。また、忘れて ...

2019/7/8

台中の観光スポット (2)

<台湾のウユニ塩湖「高美湿地(ガオメイシーディ)」> 台中にある高美湿地は今、じわじわと国内外から絶景が楽しめる台中の観光スポットとして注目を集めています。注目の理由はなんと言ってもウユニ塩湖を彷彿とさせる景色にあります。季節や気象条件が揃わないと見ることができない鏡張りの絶景は見逃せません。お勧めの訪問時間は干潮前後の1~2時間。木製の歩道の向こうに広がる湿地に裸足になって降りれば、まるで絵の中にいるような幻想的な写真が撮れることも。干潮時間と夕暮が近ければ、夕焼けに染まる空と水面の鏡張り風景を見ること ...

2019/7/8

台中の観光スポット (1)

<台中を訪ねて> 台北から高鐡(新幹線)で南へ約1時間。馴染みやすい雰囲気が漂う「台中」へ到着します。活気がありながらもどこか懐かしく、ゆったりとした時間が流れ、一歩足を踏み入れればそこが異国の地であることを忘れてしまうような街、台中。台湾第三の都市として知られるこの街は、歴史的建築物や豊かな自然が点在する一方で、アートタウン、カルチャータウン、グルメスポットとしても名高い、人気都市です。台北から日帰り旅で十分に楽しめます、2回目の台湾旅行の方に特におすすめです。

© 2022 旅先羅針盤