台湾の観光案内

2019/9/11

花連の観光スポット (15)

花蓮の「夜市」へ さて、別れを惜しみつつ太魯閣国家公園を後にして、今夜の宿がある花蓮市へ向かうことにします。燕子口(イェンツーコー)から、タクシーを拾った新城駅へ向かうバスがあったのでそれに乗り、預けていた荷物をピックアップした後、電車で花蓮駅へ向かいます。 運賃:24元 所要時間:20分程。そして花蓮駅に到着! 【東大門夜市】へ 2015年オープンのようで、なるほどとっても新しく整備がしっかりされていました。 感動したのは、ゴミ箱がちゃんと置いてあること!等間隔に設置されており、しっかりスタッフの方が管 ...

2019/9/11

花連の観光スポット (14)

燕子口(イェンツーコー) 砂卡礑(シャカーダン)歩道からバスで移動し(渋滞がなければ所要時間は10分程です。一人当たり27元)、燕子口(イェンツーコー)へ。太魯閣国家公園の中でも一番有名な場所ではないでしょう。バス停を降りた瞬間に、大迫力の渓谷が広がっています。 大理石の岩肌に何本も線が入っていて、これだけの岩が削られてこの渓谷になるまで、どれだけの時間がかかったのだろうかと考えるほど気が遠くなり、大自然の壮大さに、言葉を失って景色を見つめるだけになってしまいます。 「燕子口(イェンツーコー)」という名前 ...

2019/9/11

花連の観光スポット (13)

≪砂卡礑(シャカーダン)歩道≫ 観光センターから約1キロ、徒歩で行くと30分程で行けます。 まずはトンネルの中を進みます。 トンネルを抜けると、山の中に。 さほど高低差もなくそんなにしんどい道のりではありません。道もある程度整備されており(途中、岩を直接 登らないといけないような箇所もあります)、スニーカーであれば問題ありません。このように公園の中に入ってしまうと、自動販売機などありませんので、水分は必ず事前にご用意いただくことをオススメします。 30分程歩くと、大きな白い橋が見えてきます。次の目的地に向 ...

2019/9/11

花連の観光スポット (12)

太魯閣国家公園 いきなり広がる大自然!すぐにでも観光に繰り出す前に昼食です。入口に入ってすぐ、観光センターがあり、そこで昼食をとることができます。いくつかセットメニューがあり、豚の角煮セットが、280元です。 観光センターで園内パンフレットもらいます。 太魯閣国家公園は、いくつかのエリアに分かれており、それぞれに見所があります。時間も限られていたので、今回は比較的行きやすく、有名な、≪砂卡礑(シャカーダン)歩道≫ と、≪燕子口(イェンツーコー)≫ に行ってみます。

2019/9/11

花連の観光スポット (11)

太魯閣国家公園を廻る 新城駅(別名:太魯閣駅)に到着後、まず驚いたのがタクシーの客引きが全然いません。太魯閣国家公園は、有名な観光地なので、てっきり駅を降りた瞬間に客引きがすごいのだろうなと想像しますが、まったくいません。 新城駅(別名:太魯閣駅)は、天井が高いせいかとっても広々と感じ、スタイリッシュな駅です。 いざ太魯閣へ! バスは、40分ごとの運行で時間が合わず。 初乗り料金は台北より高く、100元でした。新城駅から太魯閣までは約10分、タクシー代金は180元。太魯閣国家公園に行きたいと伝えると、タク ...

2019/9/11

花連の観光スポット (10)

台北からのアクセス方法 台北から花蓮に向かう場合は、鉄道か飛行機を利用するのが一般的です。飛行機を使ったほうがもちろん早いのですが、ここは先ほど書いたように、窓からの風景がとても素晴らしいので、鉄道をぜひオススメです。切符の買い方は、下記3通りあります。 ① 駅の自動券売機で購入する 乗車日の当日限定となりますが、台北駅に行くと、こんな自動切符売り場があります。 券売機 こちらで乗車したい列車を選んで、座席指定など進めていきます。 ※台北駅では座席指定もこちらの券売機でできましたが、小さな駅だと座席指定が ...

2019/9/11

花連の観光スポット (9)

【太魯閣(タロコ)国家公園】&【花蓮】見どころを. 「花蓮」という場所があって、何やら自然がいっぱいの素晴らしい場所らしい 台北に行く機会はあっても、花蓮までは少し距離があることや、実際に何があるのかよく分からないというところで戸惑ってしまい、実行に移せずいるのが一般的です。「とにかく絶景!」と景勝地として知られている「太魯閣国家公園」へ 1.花蓮と太魯閣国家公園が「一生に一度は訪れたい」 花蓮は、台湾東部最大の都市とされており、大理石の世界的産地としても有名です。そしてとにかく自然がいっぱいです。海と山 ...

2019/9/7

台湾国内でも人気の観光地 宜蘭・蘇澳 (1)

台湾は温泉天国として知られていますが、実はそれだけではないのです。世界でもとても珍しい冷泉入浴が楽しめる場所があります。 雪山トンネル利用で台北との距離が一気に縮まった宜蘭。蘇澳は花蓮へと抜ける道沿いにあります。電車でのアクセスも便利。最寄りの「蘇澳」駅からは徒歩約5分ととても近くて驚きます。ただし、残念ですが蘇澳へ停車する列車は大変少ないのです。台北から直でアクセスできる列車もありますが、その多くは蘇澳には停車せず蘇澳新駅へ。その場合、バスかタクシーを利用するといいでしょう(蘇澳新駅前は閑散としています ...

2019/9/7

台湾国内でも人気の観光地 宜蘭・蘇澳 (2)

蘇澳冷泉公園 さて、冷泉浴ですが、個人風呂と水着を着て入る大衆風呂があります。大衆風呂とっても広いそのお風呂(プール) レンガ造りでレトロムード満載です。 何でも冷泉には入り方があります。 水に浸かり、動かずジっと待つ(約2分間) 体に気泡がつき、ポカポカしてきたらOK!(OKって何が?) 22℃の水って意外と冷たく感じます。プールより低温かもしれません。どうも全身浸かれない。2分たっても、3分たっても半身浴状態。しまいには広いのに(先ほどまでいたお客さんも引き上げてしまいナビの貸し切りに!) 全身のびの ...

2019/9/7

台湾国内でも人気の観光地 宜蘭(9)

「太平山国家森林遊楽区」 台湾の自然を満喫したい方におすすめのスポットです!まず、山を登ったところにあるのが「舊鉄路歩道」。日本統治時代、伐採したヒノキを山から下ろすのに使われていたというトロッコ列車や線路が今でも残っており、見ることができます。そして、その線路沿いを歩くことができる「茂興国家歩道」もお勧めです。その他の見どころは、台湾最大の高山湖である「翠峰湖」。澄み渡った湖水に心が洗われるようです。また「翠峰朝日」と呼ばれる朝の風景も、息を飲むほどの美しさ!ぜひ実際に感じてみてくださいね。「太平山国家 ...

2019/9/7

台湾国内でも人気の観光地 宜蘭(8)

「南方澳漁港」 台鉄「蘇澳」駅からタクシーで10分ほどの場所にある漁港で、台湾三大漁港の一つにもなっています。漁獲量が豊富なここでは市場が3つに分かれており、第二市場と第三市場では、新鮮な海鮮やお土産を購入することができますよ。そして、何といってもうれしいのは、市場で収穫された魚を食べられることです。毎日午後3時~5時までが提供時間になり、水揚げされた魚介類が次々にセリで落とされてく様子も見ることができます。南方澳漁港で漁師さんの仕事を見学しつつ、海鮮料理に舌鼓をうち、お土産を購入しに出かけましょう。

2019/9/7

台湾国内でも人気の観光地 宜蘭(7)

「国立伝統芸術センター(国立伝統芸術中心)」 台湾の伝統芸術を体験できるテーマパーク 台湾の伝統芸術や文化に興味のある方におすすめなのが、「国立伝統芸術センター(国立伝統芸術中心)」。ここでは、台湾の建築・工芸・音楽・演劇などを身近に楽しむことができますよ。「国立伝統芸術センター」内は、日本の江戸村のように中国の古き良き時代の建物が建ち並び、かつての中国にタイムスリップしたかのような感覚を味わえます、お子様から大人までみんなで楽しめるのも魅力の一つです。また「国立伝統芸術センター」で必ず立ち寄ってほしい場 ...

2019/9/7

台湾国内でも人気の観光地 宜蘭(6)

「頭城老街」 宜蘭で最初に造られたという街が、「頭城老街」。日本統治時代の建物や昔ながらの台湾家屋が並び、現在では古い町並みが残る貴重なスポットになっています。そして、歴史ある町並みを散策しながら、食べ歩きを楽しめるのも魅力です。おすすめのショップは、人気のアイスクリーム専門店「阿宗アイス(阿宗芋冰城)」。タロイモ、小豆、ピーナッツ、パイナップル、ピーナッツ、紫米、竜眼の6種類のアイスクリームの中からお好みの3種類選ぶことができます。値段もとってもリーズナブルなのに3種類のアイスをゲットできるなんてお得で ...

2019/9/7

台湾国内でも人気の観光地 宜蘭(5)

「礁渓温泉」 身体の疲れを癒せる「礁渓温泉」をご紹介します。バスを利用すれば、台北からわずか40分の場所にあるので、日帰りでも楽しめるのが嬉しいですね。温泉は無色透明のアルカリ性の湯で、水質には酸化カリウム・硝酸ナトリウム・重炭酸カリウム・ホウ酸などを含み、お肌がすべすべになります。公衆浴場の周辺は公園になっており、無料で足湯ができるスポットがあるのも魅力。観光客だけでなく地元の人も利用していて、のんびりとした空気が漂っています。また、公園内には「森林風呂」と呼ばれる温泉テーマパークがあります。風情ある和 ...

2019/9/7

台湾国内でも人気の観光地 宜蘭(4)

「宜蘭羅東林業文化園區」 台鉄「羅東」駅から徒歩約10分のところにある「宜蘭羅東林業文化園區」。日本統治時代に開発された台湾三大林場の一つである「太平山」の木材が集められた場所が「羅東」でした。「宜蘭羅東林業文化園區」は羅東鎮と太平山とのつながりを紹介する、自然豊かなスペースです。 施設内にある「林業歴史館」は、かつての職員宿舎だったもの。木材の運搬に使ったSLや竹林駅の復元駅舎などをはじめ、林業の歴史を味わえるスポットになっています。 そのSLは羅東森林鉄道と呼ばれ、太平山の麓から竹林駅まで全長36.4 ...

© 2022 旅先羅針盤