フィリピンの文化

フィリピン人の生活 (13)

(21)あいさつは握手、ハグ、キス、マノ
フィリピンの挨拶は日本に比べ距離感が近いのが特徴です。ビジネスではまず握手をするというのが一般的。友人では数回会ったくらいの間柄で、ハグやチークキス(頬同士を合わせるキス)をします。また、「マノ」もしくは「ブレス」と呼ばれるあいさつも特徴的。これは、年長者を敬意を示すためのあいさつで、相手の手をとって自分の額に当てるというものです。フィリピンでは挨拶で肌を触れ合わせる文化なんですね。
(22)「ご飯食べた?」という挨拶
もうひとつ知っておきたいのが、「Kumain ka na?(クマインカナ?=ご飯たべた?)」というタガログ語の挨拶。初めて言われるとなんでこのタイミングでご飯のこと聞くのかな?と戸惑ってしまいますが、これは「元気?」というような挨拶のことばのひとつなのです。挨拶が食事で相手を気遣う表現なのはフィリピンらしいなと思います。ちなみに、普通に「元気ですか?」と尋ねる「Kumusta ka?(クムスタカ?)」という挨拶もよく耳にします。

-フィリピンの文化
-,

© 2022 旅先羅針盤