スロバキア人

2019/9/14

<エロチカ・クラブ中央ヨーロッパ(1)>

<中央ヨーロッパ(1)> 最初はスロバキアの空港近く。 ドナウ川近く有名な観光地よ。『4つ星』ホテルに宿泊、夜中にノックする『私は上手いわよ。 一人寝するくらいなら、私と寝て。 あんたの日本にいる彼女より昇天させてあげるわよ☆』とか言われる。はっきりと値段交渉すべきだ。4つ星ホテルでは、これば楽しみだ、それに全て出入りしているのは高級な女性ばかりです。

2019/9/14

<エロチカ・クラブ中央ヨーロッパ(2)>

<中央ヨーロッパ(2)> もしそれでも見つからないのであれば、スロバキア非合法だが、エロチカ・クラブにどうぞ、タクシー運転手にエロチカ・クラブって伝えると行ってくれる。建物は、ゲートで管理されており。現地マフィアだとは思うが屈強なガードマンが立っている。建物内に通されると大広間に女性達がいる。周りを見渡すとドアがたくさんみえる小部屋だと想像はつく、アルコールを含め飲み物は、女性を選びドアへ行けば、当時、女性への支払いを含め全て(チップは別)100ドル払えばよかった。すでに何年か経ってしまっているので値段に ...

2019/6/27

スロバキアの文化 (8)

<クラウンプラザ・ホテル> このホテルは、スロバキアの首都ブラチスラバの中央にあります。ここはレビューが有名ですが、もっと有名なものはカジノです。ブラックジャック・ルーレットが主で、ディーラーが女性です。飲み物をオーダしてもお金を払う必要もありません。ここから大人時間、エロティカ・クラブへ誘います。

2019/6/27

スロバキアの文化 (7)

<スロバキア・ワイン> スロバキアは、ワインがとても有名です。赤ワインより白ワインが有名で日本に沢山入ってきています。ワイン熟成が済むとワイン・セーラーの前にちょうど日本の杉たまに似て、オリーブが飾られます。ただ、よくラベルをみないといけないのですが、お砂糖を足したりしたワインもあり玉砕混合です。ワイン・セーラーでの試飲はいくらでもOKですし、肉団子(つまみです。)だしてくれます。試飲後に購入を決めるのですが、気に入らなければ購入しなくても良いみたいです。スロバキアとチェコ国境近くには、貴腐ワインTokj ...

2019/6/27

スロバキアの文化 (6)

<廃墟マニア垂涎! 歴史深き廃城を訪ねて> 廃城は、トランチェン城でしょう。ドナウ川を望む高台に立てられた城です。その中には、甲冑、槍、など残されています。拷問器具も多数ありますが、嘆きの人形といった惨殺器具も残されているには驚きます。 又、欧州最大級の廃墟スピシュ城 は、古くから交通の要衝であり軍事拠点でもあったスロバキアには、趣深い廃城が現在も多く残っています。タタール人(モンゴル人)の襲来に備え、東スロバキアの戦略的要衝として築かれたスピシュ城は1780の大火で現在のような廃墟と化しました。 &nb ...

2019/6/27

スロバキアの文化 (5)

<素朴で豊かな農村風景> 装飾が美しいチチマニー村 、国土の約40%以上が森林にあたり、手つかずの自然も残るスロバキアの大地。 地方の農村では、豊かな森で採れる木を使って、素朴ながらもその土地の歴史や文化に根ざしたデザインで造られた家々が、 村人達に大切に受け継がれています。チチマニー村には19世紀頃に建てられた木造家屋が残り、その最大の特徴は”外壁のペインティング”。 白い色で描かれた幾何学模様、花、動物などで、これらはかつて、村人たちが「代々伝わる伝統の刺繍デザインを忘れないように」とか「魔除けになる ...

2019/6/27

スロバキアの文化 (4)

<高原リゾート、タトラ山地、ロムニツキ―・シュテート峰> タトラ・トラウト(魚)がおいしいところです。鹿肉・鳥肉もおいしいのですが、お塩を沢山使うため、日本人には塩辛いかもしれません。 タトラ山地は、ポーランドとの国境東西55km、南北17kmに跨っています。その80%はスロバキア領です。国歌のタイトル「稲妻がタトリの上を走り去り」からもわかるように、スロバキアの象徴であり、民族の誇りです。ツアーではロープウェーを利用し、”高タトラ山地”で第3の高峰、ロムニツキーシュティート(2634m)の山頂を訪問し、 ...

2019/6/27

スロバキアの文化 (3)

<ブラチスラバ城> マリア・テレジアの居城です。(オーストリアです。) 「さかさテーブル」の愛称で親しまれる城。ドナウ川を見下ろす高台にあることから、ローマ時代からすでに要塞が築かれていました。16世紀、ブラチスラバがハンガリー王国の首都になった際には、王の居城となりました。現在の姿は、この城を大いに好んだマリア・テレジア時代のものです。 そのカラーはハクスブルグ家のです。16世紀から19世紀にブラチスラバで行われたハンガリー王戴冠式の様子を再現したお祭りです。毎年一人の王を取り上げて、ブラチスラバの目抜 ...

2019/6/27

スロバキアの文化 (2)

<ドナウ川に面する街、ブラチスラバ> ブラチスラバは、ブラチスラバ旧市街とミハイル門が有名です。 ウィーンまでわずか60km、ハンガリー国境まで約20kmという位置にあり、両国からの影響を大きく受けました。1541年、ハンガリー王国の首都ブダがオスマントルコに陥落され、王位はハプスブルク家(元は、オーストリアです。)へ。首都機能はブラチスラバへ移されました。1563年から1830年までの間、18人のハンガリー王の戴冠式が、ここブラチスラバで行われました。かのマリア・テレジア(マリー・アントワネットのお母さ ...

2019/6/27

スロバキアの文化 (1)

ヨーロッパの中央、5つの国との国境と接するスロバキア。 93年にチェコとの連邦を解消し独立、04年には EU 加盟を果たした成長著しい国です。琥珀街道とボヘミア街道が通る重要な商業貿易路として様々な民族が交流して来ました。 国土の多くは西カルパチア山脈に連なる山岳地帯で、特に秘境タトラ山麓は観光化されておらず、自然愛好家秘蔵のハイキング地と言われます。オー牧場は緑の歌は、スロバキア民謡ですが、スロバキアの方々はしりません。山岳民族の伝統文化村 、中世そのままの街、城、教会など文化遺産の宝庫でもあり、多くの ...

2019/6/27

スロバキア (5)

スロバキア人とチェコ人では性格が違う? 同じ西スラブ人であっても、チェコ人とスロバキア人では、少し性格が違います。チェコ人はどちらかというと「都会的」で、スロバキア人は「素朴」です。もともと、スラブ人は冬が厳しいので、「素朴」な性格をしています。では、なぜチェコ人は性格が変わってきているのかひもときていきます。チェコはプラハに代表さる有名な観光国家で、なおかつ見所であるユネスコの世界文化遺産が12もあります。一方で、スロバキアは牧歌的で美しい街並みですが、世界文化遺産としては、4つにとどまるのです。大きな ...

2019/6/27

スロバキア (4)

モデル体型の人が多い: スロバキア人女性は、比較的に身長の高い人が多いです。スロバキア人女性の世界身長ランキングは12位というランクを保持しており、その平均身長は166cmです。日本のランクが54位で、平均身長が158cmと比較しても高いことが分かります。同ランクに、イスラエル、クロアチアやオーストリアがあります。ちなみに、チェコの平均身長は167cmで8位、意外にも、ロシアが164cmで、24位となっています。また、スロバキアは、細身のスタイルの人が多いです。身長が高くて細身とは、典型的なモデル体型で、 ...

2019/6/27

スロバキア (3)

<スロバキア人女性の特徴・魅力> 色白・金髪美女が多い: スロバキアなどのスラブ系民族は、基本的に金髪で色白の人が多いのです。ごく少数ですが、ハンガリーの人たちは祖先がアジア系なので黒髪の人たちもいます。一方で、フランス、スペインやイタリアなどのラテン系はヨーロッパといえども、黒髪でブロンズスキンの人が多いのです。これらの国々が赤道に近いため、太陽の日照に耐えられるようにという要因で肌や髪が比較的濃い色になっています。さらにはヨーロッパ人の間で、ブロンズスキンが流行っているのも理由の一つです。ホリデーで海 ...

2019/6/27

スロバキア (2)

<スロバキア人の性格> 素朴: スロバキアはまだ中央ヨーロッパの中でも、それほど経済発展しておらず、まだ牧歌的な風景の残っている景色がたくさんあります。そのため、国民性として、「素朴」という印象があります。また、観光産業もそれほど発展していないので、外国からの流入が少ないので、外からの刺激があまりありません。それが、国全体的に変化をもたらさず、安定的な状況を生み出しています。そのため、生活もいたってシンプルです。そういった生活が、日本でいう原風景、いわゆる牧歌的な風景がたくさん残っており、懐かしい雰囲気を ...

2019/6/26

スロバキア (1)

中央ヨーロッパの一角にあるスロバキア共和国ですが、美人が多いことでも有名です。そんなスロバキア美人の魅力について紹介していきます。スロバキア共和国の首都ブラチスラバ・シャスティンスカ33に1年半住んで、マイナス10度以下の冬場を2回経験しました。スロバキアでの在留許可書を手にし、一度はスロバックとなり良い経験を致しました。スロバキア美人が沢山いますので紹介します。フィリピンとはまったく違う世界にご案内します。 スロバキアの概要と人口 スロバキア共和国は中央ヨーロッパに位置し、隣国として、東にウクライナ、西 ...

© 2022 旅先羅針盤