スロバキア女性の特徴

スロバキア (3)

<スロバキア人女性の特徴・魅力>
色白・金髪美女が多い:
スロバキアなどのスラブ系民族は、基本的に金髪で色白の人が多いのです。ごく少数ですが、ハンガリーの人たちは祖先がアジア系なので黒髪の人たちもいます。一方で、フランス、スペインやイタリアなどのラテン系はヨーロッパといえども、黒髪でブロンズスキンの人が多いのです。これらの国々が赤道に近いため、太陽の日照に耐えられるようにという要因で肌や髪が比較的濃い色になっています。さらにはヨーロッパ人の間で、ブロンズスキンが流行っているのも理由の一つです。ホリデーで海に行けば、ほとんどの人が全身をきれいに焼いています。日本とは真逆ですが、ヨーロッパでは一種のステータスとなります。また、ドイツ・イギリスなどのゲルマン系民族も元来、金髪の人が多いです。しかし、本当の色白となると、スラブ系民族は別格です。もちろん、ドイツ人やイギリス人の間でも、ブロンズスキンが流行っているという理由はありますが、スラブ民族圏での冬の厳格な寒さが肌の透明感のある色白さを実現できているのです。
美人が多い:
中央ヨーロッパはいわゆる美人大国です。世界一美人な首相で有名なウクライナをはじめとして、ベラルーシなどは美人大国として、知られています。もちろん、スロバキアも西スラブ人として、分類はされていますが、祖先はウクライナやベラルーシと同じスラブ民族です。私たちが、想像する西洋人は、まさしく東欧の人たちがそっくりです。金髪で青色の瞳を持った人が多いのが特徴です。しかし、老けることが早いことでも有名です。冬がとても厳しくホットワインを飲んで暖をとっています、又ワインやウォッカをたくさん飲みます。度数の強いアルコールの飲酒は、加速度的に老けるのです。 逆に言えば、大人の魅力が幼少の時から、備わっていると言えます。とても大人っぽくて美しい人に、年齢を聞いてみると、その若さにびっくりするかもしれません。
おとしやかで、控えめな性格:
スロバキアの女性たちは、隣国のチェコやハンガリーと比べてみても、おとしやかで、控えめな性格です。もちろん、イギリスやフランスなどの他のヨーロッパ圏の国々の女性は、はっきりとものを言いますし、意思表示ができない人は、コミュニケーションを取ることが難しい現実もあります。チェコやハンガリーの人たちは、プラハやブタベストといった大きな観光都市を持っているので、それが持ち味となっています。一方で、スロバキアにはこれといって有名な観光都市を持っていないので、それが謙虚な国民性に反映し、控えめな性格を形成している要因となっているのです。スロバキア人女性は少し日本人女性と似た性格になっているのではないでしょうか。

-スロバキア女性の特徴
-,

© 2022 旅先羅針盤