魅力の點心飲茶

台湾グルメの代表の小籠包 (6)

黄龍荘

『黄龍荘(ホンロンジャン)』は地元の支持率が高い隠れた名店。小籠包は「小籠湯包」というメニュー、その名の通り肉汁のスープ(湯)が多めでとても美味しい。

黄龍荘の小籠包は皮薄く柔らかく、肉あんの味付けはしっかりとしていて、あっさりした後味です。違いは湯包が示す通りスープが多めだということ。お箸で皮に穴を開けてレンゲに熱々スープを注いで楽しみ、少し冷めたらスープごと丸ごと頂きます。

・皮蛋&豆腐(40元)…ガラス冷蔵庫から勝手に取って食べられる小菜。常時8〜9種類用意されているそう。

・海老チャーハン…海老はプリプリ、あっさり塩味。

・小籠湯包(130元)…食べかけですみません^_^ 10個入りです。湯包の名前の通り、美味しいスープがたっぷりです。

・炒青菜(100元)…空芯菜炒めです。ニンニクの風味が効いたシャキシャキ炒め。かなり薄味なので、好みでお醤油を一寸落として食べます。

・蝦仁燒賣(250元)…こちらも食べかけで申し訳ない。海老シューマイ10個入りです。湯包というぐらい、熱々肉汁がたっぷりです。

・菜肉餃(170元)…肉あんに刻んだチンゲン菜がドッサリ入ったヘルシーな餃子。台北ナビさんによると隠れた人気商品なのだとか。草感が無く食べやすいです。

台湾ビールは1瓶80元でした。(イーベイ パースー チェーン)ですね。

-魅力の點心飲茶
-, , , ,

© 2021 旅先羅針盤