人気の火鍋料理

辛いだけじゃない!台湾で火鍋三昧 (5)

有名外食チェーンが展開、若者に人気の火鍋屋 石二鍋(スーアルグォ)

お店は一人の利用が多いですが、複数人数で一つの鍋を囲むこともできますし、めいめいが好きな鍋を注文することも可能。このフレキシビリティが人気の秘密なのかもしれません。

リピーターにおすすめ!昔ながらの味を守る、伝統鍋料理系

麻辣火鍋が四川伝来の料理であるように、台湾にはそのほかにも中国大陸のさまざまな地方から伝わった鍋料理があります。まず、そのうちのいくつかを紹介したいと思います。

中国東北地方伝統の味、酸菜白肉鍋(スァンツァイ・バイロウグォ)

煙突のついた特徴的な鍋をつかった中国東北地方伝統の鍋料理です。塩味のスープの中に酸菜という酸味の強い白菜の漬物を加え、豚肉のばら肉や野菜を煮ていただきます。酸菜は乳酸発酵のおかげで独特の香りがあり、辛みのないキムチに似ています。漬物の酸味やうま味によって脂肪分の多い豚バラ肉でもあっさりと食べられるので、老若男女を問わず人気があります。

さて、酸菜白肉鍋のおすすめと言えば、台電勵進餐廳を押す意見を良く聞きます。創業50年の老舗で、そもそもは(現在も)台湾電力の社員食堂です。予約には8人以上が必要で、予約がない場合は長蛇の列に並ぶことになります。週末は大変混雑しますので、できれば人数をそろえて予約をしたいところです。

季節感のうすい台湾の鍋料理のなかで、この薑母鴨は台湾の冬の風物詩として親しまれています。もともとは福建発祥ですが、すっかり台湾料理の一つに。お酒と生姜をきかせたスープで鴨肉を土鍋で煮込んだ味わいが冬の寒さを吹き飛ばします。家庭でもよく食べる料理の一つで、おふくろの味として懐かしむ人も。年中食べられますが、冬だけ営業している店もあります。

薑母鴨のお店はたくさんありますが、ここでは薑母鴨チェーンの代表格、霸味薑母鴨の総本店を紹介します。大衆食堂のような雰囲気で親しみやすいお店です。ここの薑母鴨はサイズが大きいので、3~4人で訪れたほうが良いでしょう。追加の具材は40元~50元です。(例外として鴨佛ヤーフォー300元がありますが、これは鴨の睾丸です。お好きな方はどうぞ。)お腹の具合と相談して具材を追加してみて下さい。

-人気の火鍋料理
-, , ,

© 2021 旅先羅針盤