台湾のフルーツ

台湾の美味しいフルーツ 「ライチ」

ライチ/荔枝(5~8月)

この時期だけ収穫できる台湾産の生ライチが、市場やスーパーにも並ぶようになります。

ライチが収穫できるのは、5月中旬~7月下旬くらいまで。最も美味しいといわれているのは、6月上旬~7月上旬の約1ヶ月の間のものです。ライチは中国語で、荔枝(lì zhī)リージーに近い読み方で、日本語読みすると「レイシ」です。

ドラゴンライチは世界一のライチといわれる高級品。収穫の時期も約2週間といわれるほど短い。一般的な黒葉ライチは全体的に赤くならないと美味しくありませんが、玉荷包ライチは皮がみどり色ですが、十分に糖度が高く、種が小さめで実が肉厚なのが特徴です。ライチは、世界三大美女のひとり、楊貴妃が愛したフルーツともいわれるだけあり、次々と口へ運びたくなるフルーティーな香りと上品な甘さがたまらない果物。

ライチの美容&栄養成分

ライチは美味しいだけでなく、女性にとって大切な栄養成分を摂取できるフルーツでもあります。種子(荔枝核)も、漢方薬として乳腺炎の治療などに用いられているほどです。果実には、ビタミンC・ビタミンB、葉酸が多く含まれています。ライチは、血行を促進する働きのあるナイアシン(ビタミンB₃)が含まれます。

-台湾のフルーツ
-, , , ,

© 2021 旅先羅針盤