台湾のフルーツ

台湾の美味しいフルーツ 「バナナ」

バナナ/香蕉[一年中]

台湾バナナは濃厚な甘みと風味が感じられる美味しいバナナです。日本ではフィリピンバナナが主流ですが、最近では多く出回るようになっています。台湾のフルーツといえばマンゴーやパパイヤなどを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、1960年頃までは日本でバナナといえば台湾バナナのことを指していました。濃厚で甘い台湾バナナは幅広い年齢層で好まれています。最近ではフィリピン産のバナナが市場に多く出回って、台湾バナナについてはあまり知られていません。ここでは台湾バナナの品種や特徴、旬の時期などについて紹介します。

日本で消費されるバナナの99%が海外から輸入されていますが、台湾産はわずか1%となっています。台湾は亜熱帯気候で、農作物を栽培するのに非常に適した土地です。熱帯植物であるバナナの生産地としては、台湾はバナナの生産地の北限に位置しています。南北に長い台湾では、それぞれの地方で特色のあるバナナが生産されています。台湾バナナといっても様々な種類があります。台湾バナナは成熟するまで11か月から12か月かかります。ゆっくりと成熟するため一般にフィリピンバナナよりも甘味がり、濃厚な味が楽しめます。台湾バナナには様々な種類があるので、食べ比べをしてみるといいかもしれません。

台湾バナナは甘く、濃厚な味が楽しめます。品種によって味がさまざまです。台湾は小さな島ですが、地形や気候が地域によって大きく異なり、農作物の味や種類も異なります。バナナに関しては北から南まで様々なバナナが栽培されています。台湾バナナの種類には品種改良をしたものも含めると17品種あると言われていて、糖度や食感などの味や形もさまざまです。台湾ではたくさんの品種のバナナが栽培されています。その全てを日本で販売しているわけではありませんが、台湾では現在、17品種のバナナが販売されています。台湾バナナ(北蕉)の味や特徴を紹介します。北蕉は日本に輸入されている台湾バナナの代表格で、台湾バナナというと一般にこの品種を指します。北蕉は古くからある品種で、江戸時代の1740年代に台湾の河南地方から日本へ持ち込まれたといわれています。

-台湾のフルーツ
-, , , , , ,

© 2021 旅先羅針盤