台湾のフルーツ

台湾の美味しいフルーツ 「再びブドウ」

ぶどう/葡萄(10~12月)

再び葡萄の季節が到来します。台湾はアジア熱帯気候に恵まれ、葡萄の生産面積は約3.200ヘクタール。主に苗栗県の卓蘭、台中県の東勢、新社、石岡、豊原、后里、外埔、南投県の草屯、竹山、員林、二林、竹塘、埤頭地区に栽培されています。小部分の水田転作や沿海地区を除き、大部分は大安渓、大甲渓及び濁水渓沿岸に分布される。豊かな水源や土壌通気性、排水性が優れたほか、昼夜の温度差があるため、葡萄の生育に適しており、台湾葡萄の通年生産、品質安定に繋がり、好評を頂戴しております。

台湾で栽培する葡萄品種は極めて少数なイタリア(ItaliaIP65)とヒムロッド.シードレス(Himrod Seedless)はヨーロッパ種以外、ほとんど欧米交配種となり、これらの品種は高温かつ高湿環境の中、より安定する生育や収穫が得られます。最も重要な品種は巨峰(Kyoho) 、ハニー・レッド (Honey Red) 、ゴールデン・マスカット (Golden Muscat) 、ブラック・クイーン (Black Queen) 、マスカット・ベーリーA (Muscat Bailey A)等があります。

-台湾のフルーツ
-, , , , , , ,

© 2021 旅先羅針盤