台湾のフルーツ

台湾の美味しいフルーツ 「スイカ/西瓜」

「スイカ/西瓜」

台湾でのスイカの存在を一言で言えば、気軽に食べられる夏のフルーツといったところです。夏の時期にはスーパーや市場に行けば、必ず店頭に並んでいます。また、夏の時期には、レストランでは食後のフルーツとして提供されるのは決まってスイカです。台湾では、どのような種類のスイカがあり、スイカが食べられる時期はいつなのか、台湾でのスイカの値段はいくらなのか、のポイントを下記で紹介していきます。

台湾での西瓜の種類は多彩で、サイズや形状、あるいは果肉の色などにより見分けることが出来ます。サイズと果肉の色による違いをもとに区分すると、サイズでは大西瓜と小西瓜に分けられ、果肉の色では赤色と黄色に分けられます。台湾の西瓜の主な品種を下記に挙げておきます。

  • 大西瓜:華寶
  • 小西瓜:蜜鳳、新蘭、甜美人、英倫、慧玲

大西瓜はサイズがとてつもなく大きく、一つの重量が15kg~20kg程度にもなり、さらに大きなモノもあります。大西瓜は一玉買って持ち帰るのは難しいため、通常はカットされて販売されています。

スイカが美味しいと感じるのは真夏の暑い時期です。

台湾ではスイカの値段は伝統市場や路上販売などでは比較的安い値段で販売されている場合もあります。一方、食品スーパーや大型ショッピングセンターでは時期によって、価格は多少変動しますが激安で販売されていることは稀です。5月頃の出始めの時期は年断が比較的高く、6月 → 7月 → 8月と時期を追うごとに少しずつ価格が下がっていきます。

  • 品名: 小西瓜(4kg~5kg)
  • 時期: 2018年9月上旬
  • 場所: 食品スーパー
  • 値段: 59元 / 玉

 

  • 品名: 小西瓜(甜美人)
  • 時期: 2018年7月
  • 場所: 大型ショッピングセンター
  • 値段: 69元 / 玉

 

  • 品名: 大西瓜(15kg~20kg)
  • 時期: 2018年7月
  • 場所: 大型ショッピングセンター
  • 値段: 248元 / 玉

参考にしてください。

-台湾のフルーツ
-, , , , , , , , ,

© 2021 旅先羅針盤