リゾート島 小琉球 台湾の観光案内

高雄からリゾート島「小琉球」へ(1)

今回初めての小琉球。すごく遠いところだと思っていたので、とっても簡単に着けたことに驚き、台湾新幹線(高鉄)に1時間半乗って、高雄の左営駅で降りました。ここから小琉球の船に乗る東港までは、タクシーなら約30~40分で、400元ぐらい。バスは左營駅ロビーの3番或いは2番出口を出て1Fへ降ります。1番公車から、「墾丁快線」に乗って、「大鵬湾」下車。約45分。ここで、東琉線に乗り換え、3つ目のバス停=終点「東港碼頭」下車。約10分。東港の港から、民営の船は1日に8便(東港からは7:00~17:00、小琉球からは7:40~17:30)あります。200人強乗れる船で、30分ほどで着きます。往復は410元(子供は210元)。チケットには、乗船チケットのみの他に、島めぐりバスチケットや観光地の入場券などがセットになって850元など各種あるので、東港の窓口で先に買ってしまうのもいいでしょう。
船に揺られて着いたリゾート島「小琉球」。ここは珊瑚礁が隆起してできた島で、周囲は約13キロ、歩けば2時間で島が一周できます。小さな島なのに、観光スポットもりだくさん。そして、現在民宿の数はなんと80軒。更に夏場は「爆満」(中国語で、はち切れているってこと)なんです!地元住民は言います。「あのねえ、小琉球は冬でも寒くて20度、季節風も吹かなくて風も穏やかだから、1年中シュノーケリングやカヌーはできよ。夏は暑いし、人は多すぎるから、穴場は秋か冬。台北が寒くなったらまたおいで。3日でほぼ満喫できると言われる小琉球の旅、要所を皆さんにご紹介します!バイクのレンタルはここでもできます

-リゾート島 小琉球, 台湾の観光案内
-, , , ,

© 2022 旅先羅針盤