台湾の山と観光

台湾の山と観光 (7)

<お茶の里、阿里山>
「阿里山」は台湾でも最も人気のある観光地の一つです。標高3,952mの台湾最高峰の「玉山連峰」に沿った2,000m級の峰々一帯は「阿里山国家森林遊楽区」として整備され、4つの大きな魅力を有しています。「山岳鉄道」「御来光」「巨木の森」「高山茶」です。自然災害の影響でアクセスが途切れ途切れになっているこのエリアを分かり易く紹介したいと思います。「嘉義駅」から始まる阿里山森林鐵路の山岳鉄道は、標高差1,373m、世界でも大変珍しい3重ループや急勾配のスイッチバックを繰り返し「奮起湖駅」へ。約2時間20分の列車の旅です。元々は「阿里山駅」や「祝山駅」などへも一直線で繋がっていましたが、度重なる自然災害の影響で全線復旧には至っていません。奮起湖駅からはバスに乗換えとなります。列車の予約はインターネットなどで乗車希望日の15日前から可能です。嘉義駅の窓口では乗車希望日の4日前から購入可能です。

-台湾の山と観光
-, , , , , , , ,

© 2021 旅先羅針盤