台湾の山と観光

台湾の山と観光 (15)

<金針花は食べられる>
金針花の根は、漢方の生薬として使われていて、煮て食べることができます。また蕾は、金針菜(キンシンサイ)という名で知られていて、蕾もよく食べられています。金針菜は栄養価が高く、ビタミンA.B.C.と鉄分がほうれん草の20倍も含まれており、増血作用があるといわれています。他にも精神を安定させる効果があるといわれ、昔中国では、船乗りが常備していたそうですよ。金針花は、台湾の家庭料理ではお馴染みの食材で、緑色の蕾(金針菜)を細切りした牛肉や豚肉などと一緒に炒めて食べたりします。気になる味ですが、シャキシャキした食感でクセもなく、食べやすくて美味しいですよ!金針花の蕾や花びらは、生でサラダや和え物にしたり、乾燥した花はスープに入れたりして食べます。青い蕾と黄色の蕾では、食感も違いますから、この機会に1度食してみませんか

-台湾の山と観光
-, , , , ,

© 2021 旅先羅針盤