台湾の文化

台湾の文化 (4)

<台湾の歴史>
1875年、清政府は大甲溪の北部から基隆までの淡水庁が管轄していた地区を台北府とし、その一方で台北盆地内の大加腊地区に城を建設して、台北城と名付けためここは台北という地名になりました。その後、台北城は近隣の艋舺、大稻埕と一緒に三市街と呼ばれ現在は旧市街になっています。台湾省になった後、都は台北が台南と入れ替わり今日に至っています。
 

-台湾の文化
-,

© 2021 旅先羅針盤