台湾のパワースポット

台北のパワースポット (風変わりなお寺金剛宮)

<風変わりなお寺・金剛宮>
台北からMRTで淡水駅下車、そこからバスで40分のところにちょっと風変わりなお寺・金剛宮があります。どんなふうに変わっているかと言いますと、台湾で信仰されているさまざまな宗教の神様が一堂に会してずらりと並べられている、ということ、そして神様だけでなく、台湾で言い伝えられている昔話や逸話も銅像になっていて、それが何ともいえない空気を醸し出しているのです。
<いろいろな神様が一堂に>
金剛宮は、1986年にできた、比較的新しいお寺です。台湾で信仰されている仏教のほか、儒教や道教、バラモン教などさまざまな宗教の神様が集められています。敷地内はA区~F区のエリアに分かれていて、それぞれにたくさんの神様が鎮座しています。メインの神様は「四面仏」という4つの顔を持った仏様です。仏像や神像だけでなく、地獄の様子なども描かれています。生きている間に不信心でバチ当たり生活をしていると、あの世に行けず、地獄でつらい仕打ちが待っていますよという教えかもしれません。日本の仏像とはちょっと違う、派手で少し奇抜な像がずらりと並び、なんとも豪華絢爛な、ちょっと不思議な神様を、さまざまに拝むことができます。また台湾で言い伝えられている昔話がいくつも銅像になっています。これらの像は、親孝行な息子や娘のエピソードが元になっているそうですが、それらもまた、ちょっと不思議な雰囲気を醸し出しています。台湾ローカルの人々も多く参拝していて、人気の神様の前には、たくさんのお供え物が並んでいます。

-台湾のパワースポット
-, , ,

© 2021 旅先羅針盤