フィリピンの文化

フィリピン人の生活 (11)

(17)貯金をしない
買い物編でも触れましたが、フィリピン人はお金があったらあっただけ使う人が多くいます。日本人は将来何があるかわからないので備えるために貯金する、フィリピン人は将来何があるかわからないから今を楽しむためにお金を使う、という対照的な話があります。
(18)おつりがあいまい
ローカルのエリアでは買い物のときにお釣りが大まかにしか返ってこないことがあります。特に1ペソ以下の「センタポ」というコインはなかなか計算が難しい面もあり、切り上げ・切り捨てになることが多いです。また、タクシーを利用する際もドライバーが細かいお釣りを持っていないことが多いので、20ペソ・50ペソ札を用意して乗るようにしましょう。
(19)チップは心付け
日本にない文化、チップ。普段チップを支払う習慣を持たない人にとっては、相場がわからず困りますよね。フィリピンでは基本的にチップは必ず渡すものではなく、いいサービスをしてもらったときの心付け程度の扱いです。たとえばレストランではサービスチャージがすでにお会計に入っているお店が多いので、チップは不要です。ネイルサロンやマッサージのお店ではチップを入れる封筒を渡されることがあるので、支払い金額の10%もしくは50ペソ(105円)程度を入れます。ただし、ゴルフのキャディなどはチップでお給料をまかなうようなところもあるということなので、相場を知っている人に尋ねるのがいいかもしれません。
 

-フィリピンの文化
-,

© 2022 旅先羅針盤