台湾でゴルフ 老淡水ゴルフクラブ

台灣(老淡水)高爾夫倶樂部

台湾最古のゴルフ場「台灣高爾夫倶楽部」は、日本統治時代の1919年に6ホールのコースが誕生し、1929年には拡張され18ホールのスタンダードなゴルフ場になりました。しかし、1937年1945年の間は、軍事要塞区に区画され、5ホール分を残すのみになりました。その翌年、かつての9ホールまで回復しましたが、1949年には再び軍事目的のため、軍事防衛区に区画されました。幸い1952年、米軍顧問団の建議により修復され、18ホールにまで回復しました。ゴルフクラブの盛衰は、日本による統治、戦乱、終戦、国民党政府の台湾移転等、台湾の運命の起伏と切っても切れない関係にあり、時代の変遷と密接に結びついています。
そして1980年、著名な国際的選手、マネージャー及び記者からなるゴルフ雑誌選抜委員会により、世界で最も傑出したゴルフ場ベスト50の第44位に選ばれるほどに成長したのです。
台灣高爾夫倶楽部は、台湾ゴルフ界の有名な選手を多く育成してきました。国際選手権の中で傑出した成績を残し、台湾に栄光をもたらした選手の多くは、台灣高爾夫倶楽部で育成されたと言っても過言ではありません。 また、国際トーナメントなど、大きな大会も開かれるようになりました。
台灣高爾夫倶楽部は、台湾ゴルフ界の有名な選手を多く育成してきました。国際選手権の中で傑出した成績を残し、台湾に栄光をもたらした選手の多くは、台灣高爾夫倶楽部で育成されたと言っても過言ではありません。また、国際トーナメントなど、大きな大会も開かれるようになりました。

-台湾でゴルフ, 老淡水ゴルフクラブ
-, , , , , ,

© 2021 旅先羅針盤