モータスポーツ

台湾でモータースポーツ (8)

モータースポーツは、健全なスポーツ

仕事の関係で2013年11月に台湾に来ました。ブラっと立ち寄った一軒のバイク屋さんから、発展を続ける台湾のモータースポーツも問題を抱えていることを知りました。それは「バイク=不良」という先入観から新規参入者が不足しているのです。日本も同じような状況にありました、バイクのレースは爆音、猛スピードで走り回る暴走族というマイナスイメージがあるようです。ヨーロッパ各国やアメリカのように、健全なスポーツと一般の方に認識してもらえるよう努力しないと、更なる発展は望めないと考えています。世界に誇れるバイクの性能や選手の技術があっても、それを受け入れてもらう器がなければ意味がありません。

また発展を続けているのは確かですが、年々レース参加の敷居が高くなり、新規参入者が減少しているのも確かです、バイクや選手のレベルが高くなるにつれ参加費用がかかり、参加しても優勝はおろか入賞すら出来ない。こんな状況ではレースに出てみたいと思う人は増えません。その結果レース開催数が減少し、スポンサーも撤退しレース自体が衰退していきます。これは現在日本でも同じ問題に直面しています、一度衰退してしまった物を再度盛り上げていくのは非常に困難です。しかし、台湾はまだ発展の途中ですので今の内に手を打っておく事が可能といえるでしょう。日本と同じ道を歩まないためにも、大切なことなのです。

-モータスポーツ
-, , ,

© 2021 旅先羅針盤