最南端の島 蘭嶼

船で行く台湾最南端の離島「蘭嶼」 (5)

島内には、椰油部落、漁人部落、紅頭部落、野銀部落、朗島部落、東清部落の6つの部落があります。島内をバイクで一周してみましょう。島の南西にある青青草原は、珊瑚礁の大地が盛り上がってできた草原でとても美しい絵のような風景が広がっています。海を眺めながら広大な草原の中で、虫の声や草や木の葉の擦れ合う音などを聞くことができて、とても癒 されるスポットです!夕日を鑑賞するスポットとしても知られています。原住民文化を理解するなら「蘭恩文物館(蘭恩文化園区)」がおススメ。入場料100元がかかりますが、資料や文物が展示されていて、タオ族の文化について知ることができます。受付で お願いすれば、詳しくて親切なタオ族のスタッフに中国語でガイドしてもらえます。一般の民家にはなかなか立ち入ることができませんが、伝統家屋「地下屋」が再現されたものもあり、ここなら自由に立ち入って写真を撮ることができます。「地下屋」は暑さや台風をし のぐために半地下に建てられた家です。今この伝統家屋が残っているのは野銀部落、朗島部落 だけと言われています。
 

-最南端の島 蘭嶼
-, , , ,

© 2022 旅先羅針盤