あたらな発見 馬祖列島

ひと味違う新たな発見を求めて馬祖へ (7)

「馬祖巨神像(祈福坑道)」
台湾馬祖列島の歴史遺産は「馬祖巨神像(祈福坑道)」。馬祖列島の南竿島の丘の上にそびえる、2009年に完成した高さ28.8mの「馬祖巨神像」は、10年以上の歳月をかけて造られた世界一高い媽祖神像です。毎日の平安を祈るという意味で、365個の花崗岩の塊を積み上げて造られ、媽祖の故郷である中国の媚州島を遠く見つめる穏やかな表情は、神々しさがにじみ出ています。巨大な像の周囲には12枚の彫刻があり、媽祖が神様になった物語をできます。像の真下あたりに発見された門前山坑道は、ここをくぐると願いが叶うとされ、「祈福坑道」と呼ばれています。

-あたらな発見 馬祖列島
-, , , ,

© 2022 旅先羅針盤