美しい自然 新北

台北の郊外「八里バーリー」 (1)

淡水からのお手軽船旅クルーズ八里(バーリー)の観光
淡水(タンシュイ)から八里(バーリー)への十五分の船旅を紹介します。「八里」に特別おいしい店がある情報を事前入手していたわけでもないのですが、「船旅」を選んでみます。「八里」で、美味しい食事と出会えたり新しい体験が得られたりしたらラッキーと思う程度です。切符(往復で四十五元)を買い、淡水の船着き場へ行きます。さまざま人が船着き場でボートを待っており、三十人乗りくらいの中型船が着くと乗船開始です。「八里」には、釣りスポットがあるのでしょう釣り人の姿もちらほら見えます。船のエンジン音の回転音が高まり、気持ちも高揚「船旅」のはじまりです。エンジンの振動が伝わってくるシートに座り風を切って水上を走っていきます。やがて「八里」の集落が見え、船着き場へ、その正面は、市場も廟も一式そろった「八里渡船頭老街」です。子連れの家族も多かったのも納得、退屈する間もなく「八里」到着です。船着き場は、水位が大きく下がり川底に着いているボートもあります。ここ淡水河は、海へ流れ出るという地理的要因があるため、まるで海のように水位の「満ち引き」があります。その船着き場の真正面にある商店街が「八里渡船頭老街」です。夜だったらカラフルな電灯でもっと賑やかでしょう。船着き場から近くの「八里渡船頭老街」には、市場や廟など、台湾の旅情を誘うために必要なアイテムは一通り揃っております。こぢんまりとはしておりますが台湾が好きな人なら落胆しないでしょう。「八里」ではレンタル自転車業者が営業しており家族で乗れるタイプの車種もありの種類が豊富です。自転車と一緒に入ることのできる「トイレ」も整備されています。「八里」の地図を広げ「八里渡船頭老街」を散策してみます、目新しいレストランが見当たりません。探索し続けていると、「八里渡船頭老街」から、3.3kmという距離に「十三行博物館」があります。

-美しい自然 新北
-, , , ,

© 2022 旅先羅針盤